西谷 昇二(ニシタニ ショウジ)
高知県生まれ 双子座  国際基督教大学人文学科卒業

大学卒業後から英語の塾講師を始め、29歳のとき大手進学塾、研数学館で教え始める。31歳で代々木ゼミナールに引き抜かれ、1980年代後半から約20年間にわたり予備校界で不動の地位と信頼を獲得。英語だけではなく人生を熱く語るその授業は、多くの生徒の共感を呼び、教室はいつも満席。受験生に限りないやる気とエネルギーを与え、これまでに授業を受けた生徒は20万人以上、全国1300以上の高校や塾に提供しているサテライン(衛星放送による代ゼミの授業配信)を含めれば100万人を越える。2005年に早稲田大学で行われた講演会では、生徒やOBをはじめ、口コミで評判を聞きつけた学生や社会人で大隈講堂(1300人は収容)が超満員。授業だけではなく、講演会や書籍を通じても人々に計り知れない影響を与え続けている。高校時代はサッカー部のキャプテンを務め、今もサッカーをこよなく愛すという一面も。