2010年4月27日

理解そして愛

Filed under: blog — Nishitani @ 12:31 AM

「言葉がもっと少なかったら、世の中のごたごたもずっと減るのに、と祖父は嘆く。
・・・祖父は言葉の持つ意味よりも、その音、あるいは話し手の口調のほうに大きな関心を払った。
言葉のちがう人たちの間でも、音楽を聴けば同じ思いを共感できる、と言う。それには祖母も同じ意見
だった。祖父と祖母が話しあうときがまさにそうで、交わす言葉の音とか口ぶりが大きな意味を持って
いた。

祖母は名前を『ボニービー(きれいな蜂)』と言った。ある夜遅く、祖父がI kin ye,Bonnie Bee.と
言うのを聞いた時、ぼくにはそれがI love you.と言っているのだとわかった。言葉の響きの中に、
そのような感情がこもっていたからだ。

また、祖母が話の途中でDo ye kin me,Wales?とたずねることがあった。すると祖父(Wales)は
I kin ye.と返す。それはI understand you.という意味である。祖父と祖母にとっては、愛と理解は
ひとつのものだった。祖母が言うには、人は理解できないものを愛することはできないし、ましてや
理解できない人や神に愛をいだくことはできない。」
                         『The Education of Little Tree』(フォレスト・カーター著)

自分にわからないものをどうしたらもっと理解できるだろうか。
僕は高校1年の時、不登校になって叔父の運営する知的障害児の学校で1か月程生活したことが
ある。知的障害児と生活することは自分の中では初めての経験だった。戸惑うことも多かったし、
ずいぶん失礼なこともしたり言ったりしたのではないかと思う。ただ彼らと一緒に近くの山を伐採して
ちょっとした牧場を作ったり、マラソン大会では一緒に15km程を走ったと思う。根気が続かず、
すぐ別のことをやる子もいたが、忍耐強く単調な作業を黙々とこなす子もいた。マラソンでは走力に
自信があった僕だが1人だけどうしても敵わない生徒もいた。夜、僕の部屋にやってきては僕の事に
興味を持ってくれてナイーブな感じでいろいろ質問する子もいた。みんなひとりひとりが自分の人生に
前向きであることが痛いほどわかった。

・・・単純だけどこうしたことが1つの理解だと思う。どんな物事でも先入観で排除せずによく事実を
見て、耳をすましてよく聞き、そして理解すること。世界への愛が芽生える場所はいたるところにこ
ろがっている。

もう一つ、とても感動的な親子のコミュニケーションを紹介しよう。
この親の子供への対処の仕方は必ずしもいいものとは言えないけれど、親と子の切ないような愛情
が伝わってくる。

『・・・おまえ(リトル・トリーのこと)にはまだわからんじゃろか、無理もない。わしには奴らの胸ん中を
のぞきこむチャンスがあったんじゃ。何年も前になるが、ある小作人の掘っ立て小屋のそばを通った
ときのことさ。裏の空き地に二人のちっちゃな女の子がおった。木陰でツアーズ・ローバック(シカゴを
本拠地とする通信販売会社)のカタログなんかを見ておったよ。そこへ小屋から男が出てきた。男は
小枝を手にしてな、そいつでもって、女の子の足を血が出るまで引っぱたいた。わしはやぶの陰から
一部始終を見てた。父親はカタログを取り上げると納屋の後ろへ行って、ビリビリに破ってから燃やし
ちゃったよ。カタログを目の敵にしているみたいじゃった。それから納屋の壁に向かって腰を下ろし、
泣きはじめたんじゃ。誰かがのぞいてるなんて思いもよらなかったんじゃろうな。それを見て、わしにも
わかったのさ。
いいか、おまえはものごとをきちんと理解しなきゃいかん。たいていの人は面倒だから理解しようとせん。
それで、自分の怠け根性を隠そうと、やたら言葉を吐き散らすんじゃ。おまけに他人のことを『役立たず』
と決めつける』

この父親の子供を思う愛は限りなく純粋だと思う。

2010年4月16日

楽しい自立

Filed under: blog — Nishitani @ 12:20 AM

…「祖父が言うには、人にただ何かを与えるよりも、そのつくりかたを教えてあげられたらなおいい。
そうすれば、相手は自分の力でうまくやってゆくだろう。与えるばかりで教えなければ、一生与えつ
づけることになりかねない。それでは親切のつもりがあだになる。相手はすっかり依存心を起こし、
結局自分自身をうしなってしまう。
 ある人たちはずっと与えつづけることを好む。なぜなら、そうすることによって自分の見栄と優越感
を満たすことができるからだ。本当は相手の自立を助けるようなことを教えてあげるべきなのに。」
         『The Education of Little Tree』 (邦題『リトル・トリー』) フォレスト・カーター著

 僕の大好きな本の1つに『リトル・トリー』(めるくまーる社)というのがあって、リトル・トリーはアメリ
カンネイティブ(インディアン)のまだ小さな子供で、両親が早くして死んだために、森に住む祖父母
に預けられています。彼は森の中で、自然から、祖父母から、動物たちから様々なことを学ぶのです。
そうした自然や老人たちの教えは、現代の我々が失ってしまった生きていく上での大切な知恵を数
多く含んでいるように思えます。
 このBlogではその中のいくつかを紹介しつつ、生きる上でのささやかなヒントをお互いが発見できれ
ばいいなあ、と思っています。
 そのスタートが上述の祖父のことば。やっぱり、教育の原点は「自立」です。ここ数年僕が教師をし
ていて気になるのは自分の力で決断できない生徒の増加です。こういうことをいうとオヤジ臭いと思
われるかもしれませんが、やはり、確実に増加しています。その原因はいろいろあると思うのですが、
例えば、日本社会が豊かになり安定したこと、それに伴う少子化、さらにそれに伴う親の子供に対す
る過保護、教師の生徒への媚び、へつらいなどなど・・・。
 これを生徒の側から考えると、こうした自分の決断を阻むものに従って、自分で決めず、信頼する
他人に物事を決めてもらうことは、ある意味ラクだということです。しかし、これには大きな落とし穴が
ある。こういうことを続けていると、他人の奴隷になってしまい、あることがうまくいかないと、自分では
なく他人を責めるといったとても傲慢な人間になってしまう恐れがあるのです。
 あわせて、将来、自分が就活をする際にとても不利になってしまう。すぐれた企業の求める人材は
自分の決断力と責任で難局を打開し、新しい方向を切り開いていける人間だからです。特に不況な
らなおさら。
 ということで、まあ焦る必要はないのだけれど、受験を通して1つ1つの小さな目標を自分で立て、
それをクリアーすることで、小さな自信のカケラを積み重ねていこう。僕はきみにその目標の立て方
とクリアーの方法を教えてあげられると思う。そして、その先にあるのは志望校への合格であり、さ
らに自立した人間として生きる充実感なのです。

2010年4月14日

西谷昇二 オフィシャルサイトオープン!

Filed under: blog — admin @ 11:36 AM

本日、ホームページをオープンしました!!
WEBを通じて、受験はもちろんのこと、みなさんの日々の励みになるようなページを目指していきたいと思います。
時折、足を運んでいただけると嬉しいです。よろしくお願いします!