2010年6月28日

チームリーダーホンダ誕生!

Filed under: blog — Nishitani @ 10:59 PM

 やった!やった!やったー!
 6/25、デンマーク戦は快勝だった!こんなhappyな試合を見たのは何年ぶりだろう?とにかく4年前のW杯でのオーストラリアとの苦い苦い敗戦以来のクラーイ気持ちをスカッと吹っ飛ばしてくれた!
 ありがとうイレブン!ありがとう岡ちゃん!

 ところでこの試合で本田は真の意味でチームリーダーになった。
 まずは最初の1点。ゲームの前半で、デンマークに完全に支配されていたゲームの流れを、完全に日本に呼び込む価値あるゴールだった。しかも、あの1発で敵のゴールキーパーはビビった。世界レベルの本田を強く意識した。(あのシュートまで多くのデンマーク人は日本のサッカーをなめていたはずだ。甘くみちゃあいけないよ!)
 次の遠藤の2点目。これも本田の存在が大きかった。敵のキーパーは当然本田のシュートを意識してゴール左をチェックする。それを察知した遠藤が本田にすぐ言う。「オレに蹴らせろ!」控えめな遠藤には珍しい言葉だ。(その後、遠藤はダイビングヘッドまでしている。コロコロの遠藤にはありえない。悪ノリだ。)もちろん、その意図は十分にわかるから、「いや、オレが蹴る」、なんて自己主張を本田はしない。喜んで譲る。そして遠藤のシュートはゴールキーパーの意表をついて、ゴール右隅に吸い込まれていった。チームワークの2点目だ。この流れで前半終了。
 後半、デンマークの捨て身のパワープレーでPKをとられる。キーパーの川島はトマソンのPKを最初ブロックしたが、跳ね返りを決められてしまった。残念!その残念を最も象徴していたのが、川島の悔しがり方だ。見ただろうか。彼は地面を、いや南アフリカの大地を、地球を、3回思いっきりたたいたのだ。この悪い流れ、この運命はオレが変えてやるというメッセージだ!チームの最も後ろに控えるゴールキーパーのこの姿勢は強い。いやでもフィ-ルドプレーヤーを鼓舞する。2-1から日本はカメルーン戦のように守りに入らなかった。いや攻めた。川島の悔しさの借りはゴールで返してやる!
 その後すぐ、岡崎の3点目が生まれる。岡崎本人も認めたように、これは半分以上本田の得点だ。最後のディフェンダーを世界レベルのフェイント(あれはクリスティアーノ・ロナウドレべルだ!)でかわした本田は相手キーパーと1対1になった。その時、あえてシュートの選択は取らずに右にフリーで待っていた岡崎にラストパスをした。岡崎はそれをただゴールに流し込むだけでよかった。
 
 何故、本田は岡崎にパスをしたか?
 試合後のインタビューでの本田の話によれば、彼は試合前、岡崎に「まず、オレが一点取るから、お前が後で出てきて、もう1点入れろよ」と言っていたらしい。おそらく、その言葉が、シュートかパスの選択をする際の1秒の100分の1の時間に本田の頭をよぎったはずだ。彼は、迷わず後者を選択した。
 
 考えてみれば、今度のワールドカップのメンバーはなかなかレギュラーが固定しなかった。
 俊輔ははケガの回復が遅れて本来のキレが戻らない・・・etc。カメルーン戦に絶対引き分け以上という予選突破の原則から、岡田監督は守備重視のフォーメーションをとり、阿部を守備的ボランチ、昔でいうスイーパー兼マーカーのポジションに使い、岡崎に変えて本田を1トップにした。この起用に本田は見事に応えた。おそらく、岡田監督の期待した分の2倍位は・・・。プレーの質だけでなく、チームを1つにまとめるということにおいても、本田は見事にその役をこなした。

 カメルーン戦の直前に岡崎は1トップのポジションを本田に譲らざるを得なかった。いくらチームプレーとはいえ、これを面白くないと思わない人間はいないだろう。本田は岡崎の気持ちを痛いほどわかっていたはずだ。そして、ゲーム前に岡崎に言った言葉をそのまま台本として、ワールドカップという舞台で演出してみせた。まさに、その意味で彼はゲームを楽しんでいた。play(楽しむ/芝居/ゲームをする)していたのだ。
 オランダ戦のラストで同点にしておくべき大切なシュートを外した岡崎は、この一発で自信を取り戻したはずだ。パラグアイ戦で途中出場したら、きっと得点に絡むプレーをしてくれるだろう。その期待を抱かせるに十分なシュート。そして本田の演出だった。

 これにはエピローグがつく。試合後のインタビューで本田はこうも語った。
 「俺はあの時、シュートを選択できなかったから、やっぱりストライカーにはなれないと思う。」
 ヤバすぎるぜホンダ!自分の手柄をさりげなく下げて相手に花を持たせる余裕。オランダで二部に落ちたチームのキャプテンになってチームを1つにまとめ、一部に復帰させただけのことはある。

 そして、日本は決勝トーナメント16チームのなかで、ヒデなきあとホンダを中心に最もチームワークの取れたチームになった。
 
 あとはどこまで行けるか。パラグアイ戦では日本のサッカーの新しいstageが見られるはずだ。ここで勝てばその勢いでポルトガルvsスペインの勝者も撃破できる!!ベスト4は現実的になってきた。世界をアッと言わせるときが・・・・・・・