2010年5月24日

I Remember Kiyoshiro

Filed under: blog — Nishitani @ 10:48 PM

 キヨシローって知ってますか?知ってるよね。去年亡くなった、rock musicianのキヨシローです。このあいだ、渋谷のデパートで写真展があって行って来たんだけど、生きている時のライブパフォーマンスのshotの数々が実に生き生きと写し出されていました。まさに写真というのは光を一枚の紙に固定する形で一瞬の輝きを永遠化するパワーがあるね。(たぶん、僕らが好きな人の写真を肌身離さず持っていたいという気持ちは、おそらく、その人の体から出た光が写真に物理的に固定化されているからだと思うのですが・・・)

 僕は自分の子供が昔、上原小学校に通っていてキヨシローの子供さんも何年か上の学年にいた縁で、当時やっていた旺文社の雑誌(アルシェという受験生向けの雑誌の連載を書いたり、有名人との対談をやっていた)に登場してもらったことがあるんです。渋谷の桜ケ丘の事務所で初めて会ったキヨシローはとてもシャイだった。彼はポケットから取り出したシガレットをまわりの空気を感じて、そっと自分のひざの上に置いた。つまり、人に思いやりのある本当にシャイな人だった。その時の彼との対談で1つ心に残っているのは、彼が受験生に向けてボソボソと話したことば。「大事なことは何かを好きだって言えること。人生で本当のことって『好き』なことを追いかけるってことだよ」とキヨシローは言い切ってくれた。考えてみれば、キヨシローほど好きなことを、全身全霊で追っかけたやつもいないだろう。だけど、間違わないでほしい。日本社会で好きなことを追っかける位大変なことはないのです。キヨシローは何度も何度もくりかえしくりかえしバッシングを受け、つぶれそうになりながら、その度ごとによりパワーアップしていつでも復活してきた。まさにRockだ!Kingだ!Yeah!

 彼のライブパフォーマンスで心に残っているのは、まだ彼がデビューしてまもない頃の、日本青年館で行ったものだ。客は20~30人位だったと思う。だけど、その時の彼は、武道館で何万人かの客相手にやる時と全くかわらず、あるいはそれ以上にエネルギッシュだった。ファンも超ノリノリでサイコー!だった。たとえ客が何人でも自分の好きなことに必死で打ち込む彼の姿は僕の心に今も、これからも永遠に焼きついている。彼は死んでも彼のスピリットは残る。彼が歌に託した愛と夢はビシビシ世界中に響きわたっています。